Galette des rois



新年を祝うフランスの伝統菓子



1月6日は”Epiphany”

~昔のクリスマス・イエスの

誕生を祝う日~

 

エピファニーに食べる

ガレット・デ・ロワは

”王様のお菓子”という意味。

 

フランスで古くから愛される伝統菓子です。

 

パイの中に

アーモンドクリームを絞り、

焼き上げ

 

1つだけ

フェーブという陶器のお人形

中に入っています。

 

ガレット・デ・ロワを

切り分けた際に

その陶器が当たった人が

 

王冠を被り、

その日は”王様”に

 

そして

この一年良い事がある

と、言われています。

 

是非、皆さまで

お楽しみください。

 

※フェーブ(陶器)は

食べられませんので

召し上がりの際に

十分にお気をつけください。



パイ生地には
チャーン製法で作られた
香り高い
『特選発酵バター』
を特殊な折数で幾重にも
織り込むことで
さっくりとした食感に
センターには
スペイン産アーモンド・卵・
発酵バター
をたっぷりと使用した
『こっくり』
とした味わいの
アーモンドクリームを

素朴でありながら
感じる
『贅沢』な味わい
をお楽しみください


■販売期間

 2018年12月30日

 2019年1月21

 

 1月7日~11日は冬季休業を頂戴いたします。

■サイズ

 4号(12cm)

¥2200 ※限定40台

 5号(15cm)

¥2800 ※限定30台

 6号(18cm)

¥3700 ※限定20台